不動産市況

不動産市況 · 14日 9月 2020
8月の首都圏の不動産市況はレインズ発足の1990年5月以降過去最高の取引件数となりました。

不動産市況 · 13日 9月 2020
三鬼商事の最新オフィス市況9月号で都心五区のオフィスビルの空室率が3%を超えたとの発表がなされました。2014年1月から上昇し続けていた賃料も80ヵ月ぶりに下落に転じています。

不動産市況 · 09日 9月 2020
立川駅や大宮駅など郊外ターミナル駅に週末、人が戻ってきています。

不動産市況 · 26日 8月 2020
飲食店復活には①ランチとオープンの時間帯、②都心住宅街と郊外立地、③ファミリー又はママ友需要、です。

不動産市況 · 22日 8月 2020
日本経済は一部持ち直しの兆候もでていますが、依然としてホテル業界は厳しい状況が続いています。

不動産市況 · 18日 8月 2020
7月の首都圏における中古マンションの取引件数は3,156件で前年同月比マイナス2.4%となり5ヶ月連続で前年同月を下回りましたが、減少率は6月から縮小しています。中古戸建住宅の成約件数は1,186件と前年同月比で2.4%の増加で、5ヶ月ぶりに前年同月を上回りました。新規の登録件数は中古マンションが15,319件でマイナス13.1%、中古戸建住宅が5,370件でマイナス10.8%といずれも二桁減となっています。そのため在庫件数はいずれも減少しています。本年は需要が旺盛な春にコロナによる外出自粛があり、7月以降に取引が活発化しているとの話が取引先の複数の企業からありましたが、それが裏付けられた形となっています。私の肌感では、戸建てはかなり盛況ですが、中古マンションまだそれほど需要は回復していないと感じていたのですが、見事に裏切られてしまいました。価格ですがマンションは前年同月比で5.4%程度上昇していますが、中古戸建ては2.1%の下落となっています。レインズタワーはこちらから
不動産市況 · 17日 8月 2020
コロナ禍で街の路面店や飲食店が苦戦を強いられている状況が徐々に目に見え始めています。

不動産市況 · 07日 8月 2020
オフィスビル仲介大手の三鬼商事株式会社の最新オフィス市況2020年8月号によると都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)の7月時点の平均空室率は2.77%で前月比で0.80...

不動産市況 · 19日 7月 2020
セイコー時間白書2020では、コロナ禍による新しいライフスタイルの中、時間価値にどのような変化がおきたかを調査して公表しています。その中ではリモートワークをしている人の方が時間に追われていると回答しており職場という場の規律が無い分、時間に規律を感じているのではないか?としています。時間マネジメントを意識し、朝の通勤時間が無い分有効に利用する方も増えているようです。リモートワーカーの4人に3人がメリハリのなさを感じ、2人に1人は時間が速いと実感しています。またコロナ過でイライラやひやひや感が強くなり、コロナ収束後はほっとしたいという人が圧倒的に増えています。このほかにもBIGLOBEでも在宅勤務に関する意識調査を行っています。

不動産市況 · 13日 7月 2020
6月の首都圏における中古マンションの取引件数は3,107件で前年同月比マイナス11.0%となり4ヶ月連続で前年同月を下回りましたが、減少率は大幅に縮小しています。中古戸建住宅の成約件数は1,173件と前年同月比マイナス4.7%の減少で、中古マンションと同様、減少率は大幅に縮小しています。新規の登録件数は中古マンションが16,143件でマイナス6.7%、中古戸建住宅が5,487件でマイナス12.4%の減となっています。そのため在庫件数はいずれも減少しています。5月に比べ経済活動が急激に回復していることが中古市場の取引件数からもわかります。新型コロナウイルスの感染者が再び増加しているのは気になりますが、自粛要請が経済に与えたインパクトが大きすぎて、余程のことが無い限り、政府も再度自粛要請を出すことは難しく、このまま成約率は前年比で10%前後減少した状態が続いていくのではないか?と考えています。レインズタワーはこちらから

さらに表示する