· 

単相3線式と単相2線式の見分け方

築40年程度以上経過したマンションの場合、単相2線式という方式で配電されている場合が多く、その場合室内に200Vの電気容量が必要な大型エアコンやIHクッキングヒーターなどを設置することができません。そのためせっかくリノベーション前提で中古マンションを購入しても電化製品の使用に制限がかかってしまう場合があります。単相3線式であれば問題はありませんが、単相3線式でも稀にマンション全体でアンペア制限がある場合がありますので注意が必要です。単相3線式と単相2線式の見分け方は比較的簡単です。通常はアンペアブレーカー(写真の緑の部分)に記載があります。線で見分ける場合は単相3線式は赤(電圧線)、白(中性線)、黒(電圧線)の3線がありますが、単相2線式は赤(電圧線)と白(中性線)の2本で構成されています。よって写真のブレーカーは単相3線式となります。

※気になるマンションの評価をご自身で調べることが可能です。 

    無料のマンションデータベースはこちらから 


コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ピノキオ (土曜日, 28 1月 2023 12:55)

    教えて下さい。
    単相2線式100Vを単相3線200Vにする方法はどうすればいいのか教えて下さい。

  • #2

    リアプロ遠藤 (水曜日, 01 2月 2023 17:18)

    コメントを頂きありがとうございます。私も一応第二種電気工事の資格を所持しており、以前数年程工事に携わったこともあるのですが、主に部屋のリノベに伴う活線ではない簡易な配線作業等でした。分電盤を新たに設置し直し、電力会社の作業が伴う工事はしたことがありません。失礼ですがピノキオ様は電気関係の仕事をされているのでしょうか?もし電気工事士の資格を持たないで作業をするのは危険ですし、法令違反となる可能性もございますので、電気工事専門の会社に依頼した方が良いと思います。よろしくお願いいたします。