· 

バルコニーの有効通路幅は60㎝以上

谷区や世田谷区などを中心に首都圏で主に売買仲介を行っている株式会社リアルプロ・ホールディングスの遠藤です。

 

今日は消防法上のバルコニーの通路幅の規定についてお話します。

消防法は人命を守るための法律です。

消防法は万一火事が起きた際や地震などの災害が発生した場合に人々の命や財産を守るために定められた法律で、

遡及性があります。

 

話が少しそれてしまいますが、新たに消防法が改正された場合にはその新しい法律を遵守する必要があります。

 

建築基準法には遡及性があないため、新耐震基準に適合していない建物は既存不適格物件と言われ新耐震基準を満たしていなくても法律違反にはなりません。

 

一方、消防法は新たな基準を満たしていないと指導や改善命令を受けることになります。

避難するために有効通路幅60㎝以上が必要

マンションの場合、消防法で避難経路は2方向を確保することが必要と定められています。

 

他に、バルコニの通路幅は60㎝以上確保することや隣接する住戸の間にあるベランダ間仕切りの周辺に避難上支障となる物品を置かない、避難ハッチの場合も同様となっています。

消防法に抵触する具体例

具体的な例としては、コンパクトタイプのマンションのべランダでエアコンの室外機を壁に沿って平行に設置するのではなく、壁に対して垂直に設置し、バルコニーとの有効幅が基準に満たしていない設置方法です。

 

エアコン設置業者は、マンションにおける消防法上の決まりを知っているはずですが、中には間仕切り壁を塞ぐ設置がなされている場合もあります。

 

上記の写真ではエアコンの室外機が置かれていても有効幅の基準は十分に満たされていますが、間仕切り壁部分に段ボールが放置されていますのであまり良い状態とは言えません。

 

また消防法とは異なりますが、この部屋のベランダにはタイルが敷かれいます。

 

これは直ぐに取り外されるタイプなので問題ありませんが、固定してはいけません。ベランダは共有部分であり、

あくまでも専用使用権があるだけだからです。

 

余談ですが、一定の広さのあるバルコニーにタイルを敷き詰めた場合に、大規模修繕工事の際は取り外す必要があり、

置き場所に困ってしまう場合がありますので、バルコニーにタイル等を敷き詰める場合には、それらも考慮に入れて設置しましょう。

 

※気になるマンションの評価をご自身で調べることが可能です。 

 無料のマンションデータベースはこちらから