不動産現地調査

大型マンションの売買時における注意事項
不動産現地調査 · 19日 2月 2022
総戸数が300戸以上、中には1,000戸を超えるマンションや都心部の大型タワーマンションでは、ゴミ置き場や駐車場施設が独立した建物になっている場合があります。 このような場合、売買時の重要事項説明の際に、専有部分の説明しかしない不動産会社がありますので、その場合にはしっかりとその部分について確認することが必要です。

土地の売買で気を付けたいこと(その2)
不動産現地調査 · 21日 1月 2022
2021年12月下旬にようやく長野県某所で行った土地の決済が終了しました。解体工事に絡む費用追加も最終的に想定したよりもかからなかったため、なんとかわずかながら土地売却代金が数十万円プラスにすることができました。

土地の売買で気を付けたいこと(その1)
不動産現地調査 · 03日 11月 2021
建物の解体工事をしていたら、解体業者が地中に埋まっていた汚水管と電線を傷つけてしまいました。しかも汚水管の方は解体した建物の汚水管ではなく、今も隣地の家で使われている汚水管でした。 ただこのことにより、他人敷地となる売地に他者の汚水管が通っていることが判明しました。

土地を売る際に確定測量を行う場合の注意点
不動産現地調査 · 17日 7月 2021
相続等により実家を売却するといった場合に、主な買主はデベロッパーや戸建て業者になると思いますが、その際には、引渡し(決済)前までに売主の負担で確定測量図を作成する必要があります。

私道を第三者が自由に通行出来るのか?
不動産現地調査 · 15日 7月 2021
稀に「この道路は私道につき、通行はご遠慮ください」「私道につき通り抜け禁止」という立て看板をみかけることがあります。 そもそも私道は第三者が利用することは出来ないのでしょうか?

駐車場を借りるときの注意点
不動産現地調査 · 14日 7月 2021
駐車場の取引は宅建業法上の取引には当たりません。また原則契約書に印紙を添付する必要もありません。そのため、各不動産会社によって取引の対応が異なります。

建物解体時のアスベスト検査費用はいくら?
不動産現地調査 · 14日 6月 2021
今年の4月1日から建物解体時等の際にアスベストが含有されているかについての検査内容が強化されました。 実際に、アスベスト含有の検査を行った際にはいくらぐらいかかり、どのような検査結果が出てくるのでしょうか?

不動産取引における告知事項に関するガイドライン(案)(その2)
不動産現地調査 · 06日 6月 2021
前回に引き続き不動産取引における告知事項に関するガイドライン(案)をお話します。 今回の題材は告知事項を借主又は買主に告げるべき期間等についての内容となります。

不動産取引における告知事項に関するガイドライン(案)(その1)
不動産現地調査 · 02日 6月 2021
今まで過去に起こった不動産物件で生じた人の死について、どのように対応するかについては、適切な判断基準がありませんでしたが、2021年5月20日に国土交通省は不動産物件で過去に生じた人の死について、宅地建物取引業者が宅地建物取引業法上で負うべき責務の解釈について、ガイドライン(案)をとりまとめ、公表しました。

山林売買調査(続き)
不動産現地調査 · 27日 5月 2021
今回は前回調査した茨城県の大子町の山林の調査の続きです。売買物件として登録したところ、詳細な情報が欲しいという方が数人現れたため急遽、再調査を行ったご結果を報告させて頂きます。

さらに表示する